“THE GUNDAM BASE TOKYO”BLOG

【イベント&スタッフ作例】機動戦士ガンダムAGEワールド ガンプラコンペティションスタッフ作例紹介!! part.1

イベント紹介, スタッフ作例

  • LINE
  • Twitter
  • FACEBOOK
  • Instagram

皆様こんにちは!

ガンダムベース福岡スタッフのFUKAパパです。

 

遂に始まりました、「機動戦士ガンダムAGEワールド」!!

『機動戦士ガンダムAGE』の放送開始10周年を記念して作品の魅力を詰め込んだ企画展をガンダムベース各店舗で開催中です!

 

 

 

 

福岡店のイベント紹介はこちらをチェック!

 

【イベント&限定品情報】機動戦士ガンダムAGEワールド開催!!

 

更に!

ガンダムベース東京・福岡では、「機動戦士ガンダムAGEワールド」開催に伴ったガンプラコンペティション』を開催中!

 

 

 

 

 

 

皆様の作品を大募集中です!

皆様のオリジナルガンプラをガンダムベース店内で展示しよう!

 

コンペティションの詳細はこちら

 

■受付期間:
2021年9月4日(土) ~ 2021年10月31日(日)


■展示期間:
2021年9月4日(土) ~ 2021年11月12日(金)
※展示期間は延長になる可能性がございます。

 

■返却期間:
2021年11月12日(金) ~ 2022年3月31日(木)
※返却期間を過ぎてしまった場合、返却対応はいたしかねます。
※入場制限の際は、入り口スタッフにお声掛けいただければ、ご返却いたします。
※展示期間が延長になった場合でも、11月12日(金)以降であれば、作品をお受け取りいただけます。

 

■開催場所:
ガンダムベース東京・福岡

 

■展示条件:
『機動戦士ガンダムAGE』シリーズをモチーフとしたガンプラ
※ガンプラ純正キットをご使用ください。

 

注意事項

※参加用紙にご記入の情報や作品の画像は、店頭、WEB、SNS等でご使用させていただく場合がございます。
※受付は店頭のみの実施です。発送お荷物での受付はできません。
※縦25cm × 横20cm × 奥行20cmを超える作品は受付をお断りいたします。
※第三者の権利を侵害・または侵害する恐れのある作品、公序良俗に反する作品は受付をお断りいたします。
※作品の展示方法・点数は、都合により変更になる可能性がございます。
※作品は、弊社開催の他イベントにて展示する可能性がございます。
※作品の取り扱いには、細心の注意を払いますが、万一の破損や紛失の可能性もございます。予めご了承ください。
※一か所以上の塗装がされていることが条件です。改造、ミキシングの有無は問いません。
※返却期間を過ぎてしまった場合は、返却対応が出来ない可能性がございます。予めご了承ください。
※参加用紙へのご記入をもって、本要項に同意いただいたものといたします。

 

 

 

 

今回のブログではスタッフ達が制作したガンプラコンペティション展示作品をご紹介いたします。

「機動戦士ガンダムAGE」愛に溢れたスタッフ達の作品をご覧下さいませ!

 

 

まずはこちら!

 

 

 

作品名 『ガンダムAGE-1ノーマル(シュミレーターVer.)』

 

 

制作者:フジスケ

 

 

こちらは『キオ編』で登場した『MSバトルシュミレーター』で使用していた機体としてAGE-1をベースに制作。

全身をプラ板やデカール等を使用し情報量を増やしています。

 

 

 

 

武器類は小説版を参考に制作。

右腕に貫徹力に優れたドッズバズーカランチャー、左腕にガトリングガンを装備。

 

 

 

 

背面には長射程用のレールガンを装備、収納状態から展開させる事が出来ます。

 

 

 

 

つづいてはこちら!

 

 

作品名 『Unknown 』

 

 

制作者:フジスケ

 

 

『HG 1/144 ガンダム レギルス』『HGBD:R 1/144 アルスアースリィガンダム』をミキシング!

レギルスをベースに肩、膝下はアルスアースリィガンダムを使用。より力強いシルエットを目指して制作。

 

 

 

 

レギルスの携行武器は全て背面部に固定武装として配置しています。

肩にはUVレジンを使用しクリア感を演出。

 

 

 

 

 

 

つづいてはこちら

 

 

作品名 『強いられたリーオー』

 

 

制作者:シノ

 

 

こちらは『フリット編』に登場した工業用MS(モビルスタンダード)、デスペラードをイメージして制作。

使用キットは『HGBD 1/144 リーオーNPD』です。

 

 

 

 

武器としてスコップも用意。

こちらはランナーの余りとプラスチックスプーンで制作しています。

 

 

 

 

そして『集中線』も用意。

ラミネートフィルムに白色で線を描いて表現しました。

 

 

 

 

こちらを使用する事で『イワーク・ブライア』が怒りをあらわにする劇中でも印象的なシーンをイメージしたディスプレイが可能!

 

 

 

 

 

最後にご紹介するのはこちら

 

 

作品名 『憎悪』

 

 

制作者:FUKAパパ

 

 

『フリット・アスノ』のヴェイガンに対する憎悪を『HG 1/144 ガンダムAGE-1』と『HG 1/144 ゼダスR』で表現してみました。

『アセム編』でのフリットをイメージ、AGE-1は『AGE-1 フラット』仕様にしました。

『救世主』というよりも『復讐者』として制作しています。

 

 

 

 

ビームサーベルはドッズライフルの設定に合わせて『ドリルのように回転するビーム刃』として制作。

全体の色調を落としてビームサーベルやカメラアイが目立つようにしています。

『ゼダスR』や破損したシールドは地面と同色とし、破損部分のみ目立つように銀色で塗装しています。

 

 

 

 

今回は以上です!いかがでしたでしょうか?

「機動戦士ガンダムAGE」の世界観をイメージした様々な作品が揃いました。

 

 

 

 

ガンプラコンペティションの受付期間は2021年9月4日(土) ~ 2021年10月31日(日)です!

貴方だけのオリジナル作品をガンダムベース福岡に展示してみませんか?

 

 

 

 

皆様のご参加お待ちしております!

 

 

それでは!!