CLOSE
MENU

“THE GUNDAM BASE TOKYO”BLOG

#14『いってみよう!ガンダムベース東京(イベントゾーン編)』

  • LINE
  • Twitter
  • FACEBOOK
  • Instagram

【イベントゾーン】
ショップゾーン、ファクトリーゾーン、ペインティングルーム、限定品販売カウンターに囲まれた空間はイベントゾーンとして、様々なイベントが行える空間として想定されている。

写真

 

開店以来「ガンダムビルドファイターズ ワールド」として特別展示が行われているので常設展示と思われている方もいらっしゃるかもしれないが、そのビルドファイターズ ワールドもこの週末9/11で終了することになっている。

写真


ここではビルドファイターズシリーズの新製品を中心にTVシリーズ、配信タイトルの紹介や画稿展示、セイくん、レイジ、マオくんの立像といった展示が行われていて、ガンダムベース東京開店後に配信が始まった「GMの逆襲」に関する製品紹介も厚めに行われている。
そして9/8には「バトローグ」の2話も配信が始まり、既にガンダムベース東京に来場された方は思わずニンマリされたのではないだろうか。
「ビルドファイターズを見るとガンプラ作りたくなるよね…」という声は折々で耳にしますし、心底ありがたい評価だと思う訳ですが、ビルドファイターズという作品、テーマはこれからも大切にしガンプラファンの皆様にお伝えしていきたいとは思うのです。
ここは是非「バトローグ 第2話」をご覧いただいてガンダムベース東京のビルドファイターズワールドにお運びいただけると気分的にも盛り上がれるんじゃないかなぁ…。

写真
写真


イベントゾーンを囲む壁面には映像が投影される…というのは以前にも記しましたが、現在投影されている映像はガンプラ紹介映像の他に「バトローグ」やバンダイホビーサイトで配信している「ガンプラビルダーズTV」の映像が流されている。
その「ガンプラビルダーズTV」ではガンダムベース東京のライブブースが使われていて、ガンダムベース東京の施設内外へ収録・ライブが発信できるようになっていて、GBWC表彰式の配信では実況ブース的に使われることになると思う。

写真
写真


また、このライブブースはイベントゾーンに面した位置に設置されているので館内発信とリンクしたイベントの実施もこれから可能になるはずで、ブース内カウンターはプラモ製作にも対応出来る作りになっている。
ライブブース正面はガラスなども無く開放型になっているのでガンプラEXPOで度々行ってきた”つくろうブース”のような使い方も出来る。
常設施設だからこそ様々な使い方を試行しながらイベントゾーンが来場される方にとっての目的になるようネタを仕込んでいきたい。

写真


9/11にビルドファイターズワールドは終了しますが、その後はガンダムユニコーンワールド、ダブルオーワールドといった特別展示が控えている。
行くと何か面白いことやってるガンダムベース東京、と言われる施設を目指し今日もネタ出しは続く。

 

文:川口 克己