CLOSE
MENU

“THE GUNDAM BASE TOKYO”BLOG

#04『ガンダムベース東京の限定商品』

  • LINE
  • Twitter
  • FACEBOOK
  • Instagram
写真 写真

※東京おもちゃショー商品展示と、ガンダムベース東京で販売が予定されている限定商品

 

先の東京おもちゃショーでの出展・商品展示に続き公式サイトでも情報が掲出され、ガンダムベース東京で販売が予定されている限定商品に注目されている方も多いことと思います。 近年では実施されるイベントも増え、会場で販売させて戴いている限定商品も多岐に及ぶようになり、以前のようなコレクションアイテム的な感覚で手にされるという感覚も少し変わってきているように感じられます。

 

限定品だから…ということで可能な限りお買い求められる、という購買行動から事前に情報を確認して各種販売商品の中から欲しい商品を選択、購入されるという方向に少しシフトしてきている様子がイベント会場で立っていると感じられ、また、ガンプラExpoのような必ずしも普段からガンプラを熱心に支持して戴いている訳ではないという来場者さんがお土産物的な感覚でお求め戴いているといったシーンも目にする機会も増えてきました。

 

何時でも手にすることが出来る一般商品とは違い、作るのがもったいない…という意識が働くのは自然なことですが、最近はSNS上で限定商品を組んで撮影された画像を目にすることも増えてきました。

 

限定商品そのものに対する意識も変わってきているのかもしれませんが、今回提示させて戴いているガンダムベース東京で販売を予定している商品は期間限定商品という訳ではありません。

 

遠方にお住まいでそう簡単にはご来場いただけないという方には気軽に手にするという訳にはいかないでしょうが、少なくともご来場いただければ手にすることが出来る会場限定商品ということになる訳で、その点に於いては手にされた限定商品を組むという楽しみ方も意識してもらえるとありがたいなぁ…などとは思う訳です。 多くの限定商品はメッキ商品であったりクリア成型であったりということで、普段作ってらっしゃるガンプラとは異なるアプローチでもう一工夫を加えられる余地・可能性があるのではないかと思うのです。

 

クリアだからこういう仕上げにしてみた、メッキだからこういう作りにしてみたという新しいバリューが見いだせればガンプラの面白さは更に広がっていくのではないかと思います。

 

ガンダムベース東京ではお買い求めいただいた商品を製作できるスペースを設ける予定です。そこで皆さんがどういう風に楽しまれるのかを拝見することでガンプラの可能性のヒントが得られるかもしれません。

 

オープン後にガンダムベース東京の企画として、また公式サイトのコンテンツとして自分なども限定商品を使うとこういうことが出来るよ的な発信をしていきたいと思っています。 ということで、”つくろう、ガンプラ!”なのです。  

 

 

文:川口 克己